消化器科の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

脂肪肝

脂肪肝について

今回は「脂肪肝」についてお話しします。よく「肝臓がフォアグラ状態になっているのが、脂肪肝」などと言いますが、実際のところ脂肪肝というのはどういうもので、予防と対策はどうしたらいいのでしょうか?

脂肪肝とは

脂肪肝は「飲みすぎや食べすぎによって、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まり肝臓が肥満になってしまう」というもので、30代から40代を中心に増えつつあると言われています。

脂肪肝の症状は自覚症状がないため、定期的な健診を受けることが早期発見のカギとなり、
放置しておくとどんどん悪化し、その他の重大な病気の引き金となってしまう可能性があります。

それでは、脂肪肝の原因について詳しく見ていきましょう。

食事をすることで、人間は様々な栄養素を体内に取り入れます。
この時、食事で摂取した脂肪は、小腸で脂肪酸に分解された後に肝臓に送られていきますが、
糖分や脂質を取りすぎると、肝臓に送られる脂肪酸が増えすぎてしまい、肝臓で脂肪酸から作られる「中性脂肪」が肝臓にたまってしまいます。
また食事だけでなく、アルコールの飲みすぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。
この、肝臓にたまった脂肪が30%を肥えた場合を「脂肪肝」と言い、
通常の健康な肝臓(脂肪は2%~3%)の約10倍の脂肪が肝臓にびっしりと付いている状態です。

肝臓のGPT数値に気をつけよう

脂肪肝は、国民病とも言われている病気です。国民の3人に1人が潜在的にかかっていると言われ。成人男性であれば10%、成人女性であれば3%が脂肪肝、または予備軍であると言われています。

脂肪肝は自覚症状がありませんので、健康診断など血液検査などで発覚するという場合が
一番多いパターンだといわれています。

血液検査では、タンパク質の量をみる様々な指標がありますが、
脂肪肝は、GPTが基準値をオーバーしている場合は、警戒しましょう。
また、アルコール性脂肪肝の場合は、γGTPの数値も高い値を示しますので要注意です。

しかし、GPTが正常値だからといって油断は禁物で
厚生労働省の調査結果によると、脂肪肝の患者のうちGPTが異常値だった人は全体の3割ほどしかいないと発表されました。
このように脂肪肝は発見しにくい場合もあり、ある意味非常に厄介だとも言えるのです。

脂肪肝チェックリスト

東海大学付属病院では、脂肪肝について様々な調査を進めています。
1989年から1998年の間、東海大学付属病院で健康診断を受けた約3万5千人を調べたところ、脂肪肝の人の割合は、1989年では12.6%であったのに対し、1998年では30.2%と2倍以上に増えたことがわかりました。

東海大学医学部消火器内科の松崎教授は「ランチグルメの流行や飲酒量の増加などの
ライフスタイルが、患者数増加の一因ではないか」と分析しています。

増加傾向にある脂肪肝を予防するため以下のチェックリストで
思い当たるものが無いかチェックしてみてください。

 ・この3年で3キロ以上太った

 ・体脂肪率が男性であれば30%、女性であれば35%以上

 ・日本酒で1日3合以上の飲酒を5年以上続けている

 ・中性脂肪や総コレステロール値、血糖値が高い

 ・尿酸値が高い

 ・外食が多く、ファーストフードをよく食べる

 ・単品ダイエットで1ヶ月に5キロ以上痩せた

 ・これといった運動はしていない

 ・疲れやすく、根気がなくなった

 
これらのチェックリストの項目が、2つ以上当てはまる場合は、脂肪肝の可能性が高いですので、
一度、医療機関で検査を受けたほうがいいでしょう。

脂肪肝を改善するためには?

脂肪肝の改善や、脂肪肝を予防し、肝機能を改善するためには、日頃のライフスタイルの改善が必要です。

まず「脂肪肝の原因」を把握しておきましょう。
脂肪肝の原因には肥満・糖尿病・アルコールの飲みすぎ・食べ過ぎなどがあげられますので、
やはり低カロリーと低脂肪の食事を心がけましょう。
お酒の好きな方にとっては、大変なことかもしれませんが、お酒を飲まない日を必ず設けることが有効です。
もし一切お酒を飲まないで約1ヶ月を過ごすと、アルコール性の脂肪肝は回復すると言われていますので、ぜひ挑戦してみてください。

さらに、食事で心がけると良いものは「タウリンを含んでいる食事」です。
タウリンは、胆汁酸の分泌を増加させ、血液中のコレステロール値を下げる効果や
アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くさせます。
タウリンは、貝やイカなどの魚介類に多く含まれていて、
動物性食品であれば、チーズなどの乳製品や赤身の肉に多く含まれています。
食事での摂取が難しい方はタウリンを配合しているサプリメントなども活用してみてください。

脂肪肝は放っておくと、脂肪肝 → 肝臓炎 → 肝硬変 へと進行してしまい、
さらに肝臓ガンになってしまうリスクも大変高くなります。
早い段階で進行を食い止め、健康な体を維持しましょう。