消化器科の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

お腹が張る

お腹が張る

膨満感、感じてませんか?
胃腸に自信、ありますか?食事時なのに、なんとなくお腹が張って食欲がなかったり。便秘でもないのに、下腹が張って苦しい思いをしたことはありませんか。「なんだか、お腹が張るなあ」ということは誰でも一度や二度はあるはず。その症状は、腹部膨満感。よく聞く言葉ですがなかなか正体は知られていません。実は、この膨満感。放置しておくと、とんでもないことになってしまう可能性があります。

膨満感チェックリスト

さあ、こんな症状。あてはまりませんか?

・少ししか食べていないのに、お腹が張って食べられない
・早食い、大量食いをすることが多い
・炭酸や炭水化物を好んで食べがちだ
・くさいガスがよく出る
・腹をたたくと、「ポンポン」と太鼓のような音がする
・ベルトをしていると苦しく、腹痛を催すときがある
・便秘でもないのに、下腹がスイカのように張っている
・内臓脂肪、メタボリックだと指摘されたことがある
・とにかく胃腸がスッキリせず、常に重苦しい

上記にひとつでも当てはまるなら、あなたにも腹部膨満感の可能性がありますよ。

膨満感、ってなに?

「腹が張ってるなぁ」、いわゆる腹部膨満感を感じる原因にはいくつかあります。

大きく分けると、生活習慣からくるものと病気による二つがあります。

生活習慣が原因のもの

・消化不十分
食べ過ぎや飲みすぎ、または噛む回数が少なかったり早食いなどのために、消化が追いつかない時に起こります。胃での消化に時間がかかり、いつまでも食物が停滞しているために感じる不快感や違和感です。「そんなに無茶な食べ方はしていない」という方でも、用心してください。

一般的に加齢とともに消化機能は緩やかに低下するため、自分では以前と同じようなペースで食べ、飲んでいるつもりが、気づけば翌日膨満感に悩まされることもあります。

・飲食時に空気も一緒に飲み込んでいる
食物と一緒に空気を飲み込むことを呑気症と言います。

味噌汁を一気にすすったり、飲み物をがぶがぶと呑んだりすると、実は知らぬ間に一緒に空気が胃腸に取り込まれています。この空気によって、腹が内側から圧迫されることになります。炭酸飲料、とくにビールや発泡酒を好む場合も同様です。

・便秘などによるガスの異常発酵
便秘や消化不良が続くと腸内にガスが異常発酵します。腸管が膨らむので、お腹をたたくと太鼓のような音がします。

またオナラが異常に匂うようになります。なんともいえない、タマネギが腐ったような悪臭…心当たりはありませんか?

・メタボリックシンドローム
腹をつまんでも脂肪はつまめないのに、いつも腹が張っている…といった方に多いです。その正体は内臓脂肪です。

内臓に脂肪がつくと、その分胃や腸の臓器のスペースが圧迫されます。すると少量の食べ物であっても、あっという間に膨満感を感じやすくなるのです。

病気が原因のもの

・胃炎
急性、慢性を問わず胃に炎症がある場合、膨満感を生じます。膨満感のみならず、胃部不快感、胸焼け、げっぷ、場合によっては胃痛も伴うのが特徴です。

・機能性胃腸症
慢性的な胃腸の機能低下が原因です。膨満感以外に、常に胃もたれや便秘などを伴います。

・腸閉塞(イレウス)
腫瘍や何らかの原因によって腸がねじれて、蠕動運動がストップしている状態です。便やガスが溜まっていき、腹痛や吐き気、嘔吐を伴います。原因が除去されない限り、どんどん症状が悪化していくのが特徴です。

・大腸がん
大腸がんの前駆症状のひとつが膨満感です。便通異常を伴うことが多いで

膨満感、潜む危険、放置していると…

「膨満感なんていつものこと」「夕べたくさん呑んだからちょっと位は仕方ない」などと放置していると、とんでもないことになる可能性もあります。

一番コワイのは、胃炎や腸閉塞、大腸がんの見落としです。見極めのポイントは、随伴症状です。膨満感だけでなく、胃もたれ、便秘、腹痛、吐き気などを伴う場合は受診が必要となります。

また、それら随伴症状のない膨満感であってもやはり、放置してはいけません。いつも胃や腸に過剰な負担をかけている状態なので、将来的に胃腸の機能障害を引き起こす可能性が大きいのです。

加齢とともに機能が緩やかに低下していく胃腸に負担をかけないようにしていくことが、より「長持ちする胃腸」を手に入れるコツです。

自分でできる予防

膨満感は、胃腸からのサインです。早めの対策で、症状の進行をストップさせましょう。

規則正しい食生活を心がける

食事時間が乱れるだけで、実は胃腸には大きな負担。なるべく、同じ時間に食べるように心がけましょう。

よく噛み、腹八分目を心がける

大量食いや早食いは、膨満感の大きな原因となります。ゆっくりと食事を楽しみ、「ちょっと足りないかな」というくらいの量でストップすることも大切です。早食いの方はどうしても量をオーバーしがちなので食べ始めてから、実際に脳が満腹感を得るまでにはタイムラグがあります。満腹感と運命の相手は、過ぎた後にやってくるのが世の常です。

飲み物に注意

飲料水をがぶがぶ飲んだり、思い切り味噌汁をすするのは考え物です。勢いをつけて飲むことで、どうしても空気も一緒に嚥下をしてしまいます。がぶ飲みを避け、ビールなどの炭酸飲料は程ほどにすることが大切です。

ゲップ、オナラをガマンしない

我慢をし続けると、今度は出したいときに出せなくなってしまいます。出そうだなと思ったら早めに席を立つなどして、ためらわず一気に出したいものです。

便秘しないようにする

便秘は万病の元です。放置することで膨満感のみならずあらゆる疾病の原因を招きやすくなります。腸内環境を整え、適度な運動の機会を取り入れることが大切です。

メタボリックの解消、予防

皮下脂肪と違って、内臓脂肪はなかなか落ちにくいといわれています。また脳梗塞や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の元凶です。ダイエットをする必要はありませんが、規則正しい生活とちょっとした運動を取り入れることが大切です。内臓脂肪を落すためには、有酸素運動が有効なので、30分以上のウォーキングや水泳、エクササイズなどがお勧めです。いつもは電車の一駅を、歩いてみることもお勧めです。

まとめ

胃腸は別名「ストレスの鏡」です。ちょっとした事で不調となりやすいので、ついついせっかくのサインを軽視しがちです。

実は、毎日の習慣を少し変えるだけで驚くほど改善が望めます。この機会に、「元気ハツラツ胃腸」を手に入れましょう。

では、最後にもう一度復習です。
・膨満感は、胃腸からのサイン。
・随伴症状のある場合は、何か病気が隠れていることも。
・食生活の改善、便秘予防を心がけましょう。
・ゲップやオナラのガマンは、万病の元。マナーを守りながら、そ知らぬ顔で「プッ」。